コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連合国国際通貨金融会議 レンゴウコクコクサイツウカキンユウカイギ

デジタル大辞泉の解説

れんごうこく‐こくさいつうかきんゆうかいぎ〔レンガフコクコクサイツウクワキンユウクワイギ〕【連合国国際通貨金融会議】

1944年7月に米国ニューハンプシャー州ブレトンウッズで開催された国際会議。44か国が参加し、第二次大戦後の国際通貨体制のあり方について協議し、IMF(国際通貨基金)、IBRD(国際復興開発銀行)、GATT(ガット)の創設を決定した。ブレトンウッズ会議。→ブレトンウッズ協定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

連合国国際通貨金融会議の関連キーワードカミュスタージェスもの派レジスタンス文学中国白書鶴沢道八(1世)ギリシア民族解放戦線・人民解放軍エルランデル沖縄戦加藤泰

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android