国際復興開発銀行(読み)コクサイフッコウカイハツギンコウ(英語表記)International Bank for Reconstruction and Development

デジタル大辞泉 「国際復興開発銀行」の意味・読み・例文・類語

こくさい‐ふっこうかいはつぎんこう〔‐フクコウカイハツギンカウ〕【国際復興開発銀行】

アイ‐ビー‐アール‐ディー(IBRD)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「国際復興開発銀行」の意味・読み・例文・類語

こくさい‐ふっこうかいはつぎんこう ‥フクコウカイハツギンカウ【国際復興開発銀行】

(International Bank for Reconstruction and Development の訳語) 国際金融機関の一つ国連専門機関の一つで、一九四六年第二次大戦後の復興と発展途上国開発目的として発足本部ワシントン。日本は昭和二七年(一九五二加盟。通称、世界銀行世銀)。IBRD。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「国際復興開発銀行」の意味・わかりやすい解説

国際復興開発銀行
こくさいふっこうかいはつぎんこう
International Bank for Reconstruction and Development

1944年7月に調印され、翌1945年12月に発効したブレトン・ウッズ協定によって国際通貨基金IMF)とともに設立された国際的長期融資機関。略称IBRD、通称世界銀行World Bank。1946年6月に業務開始。国際連合の専門機関の一つ。本部はワシントンに置かれ、総務会、理事会、事務局よりなる。加盟国数は2009年8月時点で186か国、日本は1952年(昭和27)に加盟した。

 世界銀行の目的は、第二次世界大戦後の世界経済の復興と開発途上国の経済成長を促進するため、長期貸付と保証による民間国際投資の助成を行うことにあった。このうち民間投資の促進を第一とし、自己資金による貸付はそれを補完するものとした。そのため設立当初授権資本は100億ドルにすぎなかったが、その後の増資を経て、2009年6月末時点で1899億ドルとなっている。そのほか、世銀債の発行、貸付および投資活動から生じる利益なども資金源となっており、さらに加盟国の資本市場で中・長期の借入れによる資金調達も行っている。

 世界銀行は、第二次世界大戦直後はもっぱらヨーロッパの復興のために融資したが、1948年にアメリカがマーシャルプラン(ヨーロッパ復興計画)を発動してからは、主として開発途上国への融資となった。融資対象は電力、道路、港湾などの社会資本に向けられ、経済基盤の強化をねらった。しかし、世界銀行の融資条件は厳しく、開発プロジェクトなどについてはその遂行能力や返済能力を十分に審査し、また借り手が政府以外の場合にはその国の政府の保証を要求するなど、健全な銀行主義の原則をとっている。金利も比較的高い。

 こうした欠点を補うため、1956年に国際金融公社(IFC)、1960年に国際開発協会(IDA、通称第二世銀)、1988年に多数国間投資保証機関(MIGA(ミガ))が創設され、世界銀行とともにいわゆる世銀グループを形成し、開発途上国への多角的国際融資機関となっている。IFCは開発途上国の民間企業への投資促進がねらいであり、またIDAは社会資本を対象とする低利かつ長期の融資を目的とする。ともに融資条件は世界銀行よりも緩やかである。MIGAは、経済成長、貧困削減、人々の生活向上を支援するための新興経済国向け外国直接投資を推進する目的で設立され、投資家や融資機関に対して非商業リスク(収用、契約不履行、通貨の兌換(だかん)停止、戦争、内乱など)を対象にした保険(保証)を提供するとともに、投資紛争を調停することでその使命を果たしている。

 なお、日本は、1960年代までは鉄鋼・電力の設備資金、道路・鉄道の建設資金などのため巨額の借入れを行っていたが、その後はもっぱら資本供与国となっている。

[土屋六郎]

 ところで、1990年なかば以降、金融のグローバル化の急激な進展により、一地域の信用危機がたちまち全世界に伝播(でんぱ)し、その後の金融収縮から世界的な不況を招くような事態(アジア通貨危機、リーマン・ショックなど)が頻繁に発生している。このような事態は、世界的な不況を通じて、世界の金融システムとはほとんど関係のない最貧国にもっとも大きな悪影響を引き起こすことになる。そのため、信用危機に起因する実体経済の悪化の世界的な伝播に対しては、世界の総需要を下支えする必要があることから、世界銀行を含む国際開発金融機関は世界的に収縮が進む資本の流れに対処することが期待されている。

[前田拓生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「国際復興開発銀行」の意味・わかりやすい解説

国際復興開発銀行
こくさいふっこうかいはつぎんこう
International Bank for Reconstruction and Development; IBRD

中所得国や信用力のある貧困国の経済復興と開発支援のための貸し付けを目的とする国連専門機関の一つ。世界銀行グループ(→世界銀行)の主要構成機関。1944年,国際通貨基金 IMFと同時に設立協定が結ばれ,1945年12月発足,1946年業務開始。貸付資金は国際金融市場で調達される。IMF加盟国のみが加盟を認められる。総務会,理事会,総裁および事務局によって構成され,総務会は増資や新加盟国の承認などを除き諸権限を理事会に委任している。本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.。2018年現在の加盟国は 189。日本は 1952年に加盟し,当初は選任理事国,1971年からは任命理事国となった。なお,一般に「世界銀行」という場合は IBRDと国際開発協会 IDAのことをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「国際復興開発銀行」の解説

国際復興開発銀行
こくさいふっこうかいはつぎんこう

世界銀行とも。ブレトン・ウッズ協定にもとづいて国際通貨基金(IMF)とともに1945年設立された国際機構。略称IBRD。第2次大戦の戦災国の復興,低開発国に対する開発援助を目的とする。46年業務開始,47年国連の専門機関となる。本部はワシントン。加盟国の政府・企業に対する資金貸付,そのための調査と技術援助を業務とする。授権資本は100億ドル。加盟は国際通貨基金加盟国に限定。5大株主国に理事任命権があり,25人の理事会が総裁を選任(慣行としてアメリカ人が就任)。日本は52年(昭和27)に応募資本2億5000万ドルで加盟し,66年までに総額86億ドルの借款をうけ,90年(平成2)に完済。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

FX用語集 「国際復興開発銀行」の解説

国際復興開発銀行

International Bank for Reconstruction and Development。世界銀行グループのひとつ、途上国一般に対して、準商業ベースの融資を行っています。その資金は、加盟国からの出資に加え世界の主要市場において調達されています。 日本で発売される世銀債の大半はこのIBRDが発行したものです。格付は最高格付であるAAA/Aaaです。

出典 (株)外為どっとコムFX用語集について 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「国際復興開発銀行」の解説

国際復興開発銀行
こくさいふっこうかいはつぎんこう
International Bank for Reconstruction and Development

1944年のブレトン−ウッズ協定にもとづいて設置された,国際連合の専門機関の1つ。略称IBRD。世界銀行ともいう
国際通貨基金(IMF)の姉妹機関。加盟国の戦災復興と開発,発展途上国の開発援助を通じて国際経済を発展させようとする目的をもつ。本部はワシントン。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「国際復興開発銀行」の意味・わかりやすい解説

国際復興開発銀行 (こくさいふっこうかいはつぎんこう)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「国際復興開発銀行」の意味・わかりやすい解説

国際復興開発銀行【こくさいふっこうかいはつぎんこう】

世界銀行

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内の国際復興開発銀行の言及

【世界銀行】より

…国際復興開発銀行International Bank for Reconstruction and Development(IBRD)の通称。世銀と略す。…

※「国際復興開発銀行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android