コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロワ城 ブロワジョウ

2件 の用語解説(ブロワ城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ブロワ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ブロワ城】

Château de Blois》⇒ブロア城

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブロワじょう【ブロワ城】

フランス中部、ロワール地方の都市トゥール(Tours)の近郊、ロワール渓谷にある古城群の一つ。ブロワ(Blois)市街の中心部にある。トゥール駅から電車で約40分のブロワ駅下車、ブロワ駅からおよそ600mの場所にある。13~17世紀にかけて建設された建物が中庭を囲むように建っていて、ゴシック様式ルネサンス様式バロック様式の建物が混在していて、フランスの建築の歴史が凝縮している。もともとはブロワ伯の要塞だったが、ルイ12世の治世(1498~1515年)の始めのころに大規模な増築が行われ、その後フランソワ1世(1494~1547年)がさらに増築して、アンボワーズ城から一時期宮廷を移した歴史を持つ。また、この城は、ジャンヌ・ダルクが1429年にオルレアンから軍を率いて出発する際に、大司教から祝福を受けた城でもある。他のロワール渓谷の古城群とともに、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブロワ城の関連キーワードツールーズルーベトゥールジャッククール宮殿バントゥー山フランスソワールラトゥールゴロワーズ・レジェールドラクロワ礼賛トゥーシュ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone