コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブローディア Triteleia bridgesii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブローディア
Triteleia bridgesii

ユリ科のイフェイオン Ipheion属,ディケロステムマ Dichelostemma属,トリテレイア属,ブローディアエア Brodiaea属を総称して,園芸界ではブローディアと呼ぶが,切り花としては一般に,かつてブローディアエア (ブローディア) 属に分類されていたトリテレイア・ブリッジシーをさす。アメリカのカリフォルニア州からオレゴン州にかけて分布。約 30cmの線状葉が根出し,約 45cmの花茎の先に,5~20花が散形花序を形成する。花色は透明感のある青紫色で,花筒の長さは 1.8~2.5cm。秋に球根を植付け,日当りのよい場所で管理する。花後に地上部が枯れたら,水を断って休眠させる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブローディア
ぶろーでぃあ
[学]Brodiaea

ユリ科ブローディア属の総称。北アメリカ原産で、約10種知られる。本属はもとは約40種を数えていたが、ほかの属に移されたものが多く、現在でも学説の定まらないものがある。園芸的には秋植え球根草として、広くブローディアの名で親しまれている。よく栽培されるものに次の各種がある。ユニフロラB. uniflora Engl.はハナニラともいい、4~5月に約15センチメートルの花茎を出して、淡紫色を帯びた白色花を頂生する。ブリジェシーB. bridgesii Wats.は5月下旬ころ、約45センチメートルの花茎を出し、青紫色花を散形に20~30個開く。小花柄は長いもので約6センチメートル。開花のさまは涼しげで、美しい。カリフォルニアは花茎は30~45センチメートルで、青紫色花の中形種。いずれも栽培は容易で、数年は植えたままでよい。[平城好明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブローディアの関連キーワードカリフォルニア州オレゴン州ハナニラ切り花花韮

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブローディアの関連情報