ブンデールカンド(英語表記)Bundelkhand

世界大百科事典 第2版の解説

ブンデールカンド【Bundelkhand】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州とマディヤ・プラデーシュ州とにまたがる地方名。面積約5万5000km2。中心都市はジャーンシー。地名は14世紀ころこの地に定着したラージプート族のブンデーラー氏族に由来する。北はヤムナー川,西はシンド川,南はビンディヤ山脈最北東端,東はバゲールカンドに接する。北の3分の1はガンガー(ガンジス)川中流域の沖積平野で,南のデカン高原前山部とは150m等高線で分かたれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android