コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブンデールカンド Bundelkhand

世界大百科事典 第2版の解説

ブンデールカンド【Bundelkhand】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州とマディヤ・プラデーシュ州とにまたがる地方名。面積約5万5000km2。中心都市はジャーンシー。地名は14世紀ころこの地に定着したラージプート族のブンデーラー氏族に由来する。北はヤムナー川,西はシンド川,南はビンディヤ山脈最北東端,東はバゲールカンドに接する。北の3分の1はガンガー(ガンジス)川中流域の沖積平野で,南のデカン高原前山部とは150m等高線で分かたれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブンデールカンドの関連キーワードチャンデッラ朝

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android