コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーバールとペキュシェ Bouvard et Pécuchet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーバールとペキュシェ
Bouvard et Pécuchet

フランスの小説家ギュスターブ・フローベール未完の小説。遺作として 1881年刊。遺産を得て急に金持になった2人の書記が勤めをやめて学問を志すが,次々と失敗して元の仕事に戻るまでを描き,ブルジョアの虚栄心科学万能主義を痛烈に批判した作品。長い間理解されずにきたが,近年評価が高まっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android