コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーバールとペキュシェ Bouvard et Pécuchet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブーバールとペキュシェ
Bouvard et Pécuchet

フランスの小説家ギュスターブ・フローベール未完の小説。遺作として 1881年刊。遺産を得て急に金持になった2人の書記が勤めをやめて学問を志すが,次々と失敗して元の仕事に戻るまでを描き,ブルジョアの虚栄心科学万能主義を痛烈に批判した作品。長い間理解されずにきたが,近年評価が高まっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android