ブール(読み)ぶーる(英語表記)Pierre Boulle

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブール(Pierre Boulle、小説家)
ぶーる
Pierre Boulle
(1912―1994)

フランスの小説家。アビニョンに生まれる。パリ大学に学ぶ。技術者として東南アジアの農園経営にあたったのち、第二次世界大戦に参戦、ビルマ(現ミャンマー)などに転戦する。その経験から『戦場にかける橋』(1952)を書き、サントブーブ賞を受ける。エキゾチスムと白人中心の英雄主義にたつ数多くの冒険小説で成功を収め、一方、SFの形をとる一種の哲学小説『猿の惑星』(1963)の苦いまなざしももつ。[小林 茂]
『関口英男訳『戦場にかける橋』(ハヤカワ文庫NV) ▽大久保輝臣訳『猿の惑星』(創元推理文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブールの関連情報