コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーローニュ・ビヤンクール Boulogne‐Billancourt

世界大百科事典 第2版の解説

ブーローニュ・ビヤンクール【Boulogne‐Billancourt】

フランス中北部,パリ市の南西部に隣接する近郊都市。人口10万2000(1990)。北部はブーローニュの森に接し,高級住宅地となっている。これに対して,南部のスガン島からセーヌ右岸にかけては,国営ルノー公団の自動車工場が広大な面積を占め,フランス自動車産業の一大中心地である。ほかに航空機産業,電気機械の組立工場などがあり,セーヌ川沿いに工場地区が形成されている。【手塚 章】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブーローニュ・ビヤンクールの関連キーワードパトリック モディアノミシェル サパンオードセーヌ県ガルニエルノー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android