コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プクハン(北漢)山 プクハンさんPukhan-san

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プクハン(北漢)山
プクハンさん
Pukhan-san

韓国,ソウル市の北境にそびえる山。標高 836m。ソウルの都心からプク (北) 岳をへだてて望める。花崗岩から成る残丘で,ソウルを囲む自然の障壁の一部をなし,李氏朝鮮の初期に山嶺伝いに城壁が築かれた。またペグン (白雲) 台,ノジョク (露積) 峰などに囲まれた盆地に山城が築かれ,北漢山城と呼ばれて,戦乱時には王や貴族の避難宮となっていた。城門,城塞などが残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プクハン(北漢)山の関連キーワードソウル特別市

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android