コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プジャンガ・バル Poedjangga Baroe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プジャンガ・バル
Poedjangga Baroe

インドネシアの文学雑誌。 1933年創刊。月刊。誌名は「新時代の文学者」の意。インドネシア最初の文芸誌で,アルメイン・パネ,アミール・ハムザ,アリシャバナによって創刊されるや,ただちに若い作家,知識人がここに結集し,文学史上「プジャンガ・バル時代」 (1933~42) と呼ばれる新時代を画した。 36年から「統一文化の形成を目指すダイナミックな新精神の旗手」をモットーにした。日本軍政時代は西欧主義的に過ぎるとみなされ,廃刊を余儀なくされた。独立後復刊 (48) ,53年まで続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プジャンガ・バルの関連キーワードタクディル・アリシャバナアミール・ハムザーインドネシア文学H.B. ヤシン東南アジア文学インドネシアハムカヤシン

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android