コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プジャンガ・バル プジャンガ・バルPoedjangga Baroe

1件 の用語解説(プジャンガ・バルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プジャンガ・バル
Poedjangga Baroe

インドネシアの文学雑誌。 1933年創刊。月刊。誌名は「新時代の文学者」の意。インドネシア最初の文芸誌で,アルメイン・パネ,アミール・ハムザ,アリシャバナによって創刊されるや,ただちに若い作家,知識人がここに結集し,文学史上「プジャンガ・バル時代」 (1933~42) と呼ばれる新時代を画した。 36年から「統一文化の形成を目指すダイナミックな新精神の旗手」をモットーにした。日本軍政時代は西欧主義的に過ぎるとみなされ,廃刊を余儀なくされた。独立後復刊 (48) ,53年まで続いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プジャンガ・バルの関連キーワード晩年伊豆の踊子丹下左膳ガボールガルモ[山]シュナーベルベーテ谷崎潤一郎ディクソンイディオ地向斜

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone