極点(読み)きょくてん

精選版 日本国語大辞典「極点」の解説

きょく‐てん【極点】

〘名〙
① 到達し得る究極の点。ゆきづまりのところ。極致。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「路易(ルイ)十四世の威権までは、王権隆盛の極点に上れり」
※露団々(1889)〈幸田露伴〉二一「己れは既に人世の幸福の極点(キョクテン)に達したれば」
② 北極点および南極点。緯度九〇度の地点。
※南極探険(1958)〈浦松佐美太郎〉悲壮なひとりよがり「装備と輸送にさえ万全を尽せば、南極の極点で越冬するのも、なんでもないことなのである」
③ =きょく(極)⑤(ロ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「極点」の解説

きょく‐てん【極点】

物事が到達できる最終的な点。物事の度合いの最も高まったところ。「緊張が極点に達する」
北極点または南極点
7

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android