コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プテラスピス Pteraspis

世界大百科事典 第2版の解説

プテラスピス【Pteraspis】

無顎綱翼甲亜綱プテラスピス科に属する魚で,古生代のデボン紀前期に生息していた。プテラスピスの仲間には世界最古の脊椎動物の化石が含まれる。アメリカ,ワイオミング州のカンブリア紀後期の地層から発見されたアナトレピスAnatolepisがそれである。プテラスピスの体は骨質の装甲で覆われている。尾びれは上葉より下葉が発達した逆異尾である。背側に1本のとげがあり,体側に突出した安定器をもっていた。無顎類【上野 輝弥】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プテラスピスの関連キーワード翼甲類甲冑魚魚類

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android