コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プトレマイオス13世テオス・フィロパトル プトレマイオスじゅうさんせいテオス・フィロパトルPtolemaios XIII Theos Philopatōr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プトレマイオス13世テオス・フィロパトル
プトレマイオスじゅうさんせいテオス・フィロパトル
Ptolemaios XIII Theos Philopatōr

[生]前63
[没]前47. アレクサンドリア近郊
プトレマイオス朝の王 (在位前 51~47) 。史上名高い姉クレオパトラ7世と結婚,共同統治を行なった。王位についたときローマの将軍ポンペイウス (大ポンペイウス) に軍事援助を行なったが,クレオパトラと意見が対立し,彼女は北アラビアに逃れた。ポンペイウスがアレクサンドリアの廷臣たちによって暗殺され,ユリウス・カエサルがアレクサンドリア遠征におもむいたとき,カエサルの仲裁で姉クレオパトラと再び共同結治を行なった。しかしアレクサンドリアの内乱のとき,カエサルに対抗して,戦死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android