コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレオパトラ7世 クレオパトラななせいKleopatra VII; Cleopatra VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレオパトラ7世
クレオパトラななせい
Kleopatra VII; Cleopatra VII

[生]前69
[没]前30. アレクサンドリア
エジプト,プトレマイオス朝最後の女王。在位前 51~30年。プトレマイオス 12世アウレテスの子。前 51年父より王位を継ぎ,弟のプトレマイオス 13世,同 14世と次々に結婚,息子カイサリオン (→プトレマイオス 15世カエサル ) と3代にわたり共同統治者となった。ギリシア=マケドニア系で,イラン人の血をひく彼女は,高度の教育を受け,エジプト語をはじめ数ヵ国語を解し,才色兼備で,精力的であり,エジプト支配とローマの中央権力に加わり,これを共有することを目指した。前 48年カエサルアレクサンドリアに来たとき,カエサルの力をかりて弟王プトレマイオス 13世を滅ぼして権力を得,前 46年カエサルを追ってローマにおもむき,おそらくカエサルの子と思われるカイサリオンを産んだ。前 44年カエサルが暗殺されたので,エジプトに帰国。前 41年 M.アントニウスの命でキリキアのタルソスにおもむき,そこでアントニウスの心をとらえた。アントニウスの子であろう男女の双生児を産み,前 33年にはアントニウスと正式に結婚。アントニウスは彼女にフェニキア,ユダヤ,クレタなどローマ領を贈り,前 34年には東方帝国の宣言をし,彼女を「諸王の女王」とした。その間ローマではオクタウィアヌス (アウグスツス) が元老院でアントニウスを弾劾し,クレオパトラに対し宣戦を布告。前 31年アクチウムの海戦に敗れ,翌年オクタウィアヌスにアレクサンドリアを占領され,アントニウスは自殺,数日後,クレオパトラも自殺した。カイサリオンも殺され,ここにプトレマイオス朝約 300年間の支配は終った。後世彼女の数奇な運命を題材にして,シェークスピア,バーナード・ショーの文学作品が作られ,パスカルの警句にも登場している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クレオパトラ7世の関連キーワードプトレマイオス13世テオス・フィロパトルアントニウス(古代ローマ軍人)プトレマイオス15世カエサルドミチウス・アヘノバルブスアントニーとクレオパトラアレクサンドリア戦争アルタウァスデス1世アルシノエ[2世]中東史(年表)アルシノエ2世アルシノエ4世カエサリオンベレニケ4世ヘロデ大王ローマ史ユバ2世近親相姦あだ名女帝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android