プドガラ(英語表記)pudgara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プドガラ
pudgara

仏教用語。補特伽羅と音写され,人格的主体を意味する。部派仏教時代の概念で,多くの部派ではこれの実在を認めなかったが,輪廻を説く以上は中心的主体なしには理解が困難であった。このため若干の部派では,伝統的な無我説の立場を保持しつつも,なんらかの中心的主体を想定するようになった。犢子部 (とくしぶ) はプドガラを輪廻の主体と考え,それは五蘊と同一でも別異でもないと定めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android