コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラズマアーク溶解法 プラズマアークようかいほうplasma arc remelting

世界大百科事典 第2版の解説

プラズマアークようかいほう【プラズマアーク溶解法 plasma arc remelting】

プラズマアーク(熱および磁気作用により径の絞られた気流のアーク放電)を利用した金属溶解法。トーチに組みこまれた電極と金属自身との間の放電を利用した移送式プラズマアークが使われている。プラズマトーチの開発が難しいためにその開発の歴史は浅く1960年代に行われたもので,工業的プロセスとしては旧東ドイツ,旧ソ連,日本で利用されてきたにすぎない。溶解の対象は,経済上の理由から高級特殊鋼,超合金,高融点金属に限られるが,旧東ドイツでは最大35t炉を用いて低合金鋼を含む種々の鋼種が製造されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android