プラネットB(読み)プラネットビー(英語表記)PLANET-B

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラネットB
プラネットビー
PLANET-B

日本の宇宙科学研究所が開発した火星周回探査機。第 18号科学衛星。 1998年7月にM-Vロケットによって鹿児島県内之浦の発射場から打ち上げられ「のぞみ」と命名された。火星周回の長楕円軌道に投入され,火星大気 (プラズマ) と太陽風の相互作用を調査したり,火星大気の組成や構造について研究を行なう予定だった。 1998年 10月地球重力圏離脱時に燃料供給系にトラブルが発生,軌道計画を大幅に変更し火星への接近を当初の予定より4年遅れの 2003年 12月に変更した。しかし,その後もトラブルが続き 2003年 12月9日,火星周回軌道への投入を断念した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android