コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラーティ プラーティ Prati, Giovanni

2件 の用語解説(プラーティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラーティ
プラーティ
Prati, Giovanni

[生]1814.1.27. カンポマッジョーレ
[没]1884.5.9. ローマ
イタリアの詩人。リソルジメント (国家統一運動) 期の激動する社会のなかで,王党派に属したため追放や幽閉の憂き目にあったが,統一後は上院議員などをつとめた。主著,恋愛詩『エドメネガルダ』 Edmenegarda (1841) ,『プシケ』 Psiche (76) ,『イシス』 Iside (78) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プラーティ
ぷらーてぃ
Giovanni Prati
(1814―1884)

イタリアの詩人。熱烈な王制支持者で、オーストリア支配に反対を表明したため、しばしば追放の憂き目にあった。イタリア国家統一期の代表的ロマン主義詩人とされるが、初期の物語詩『エドメネガルダ』(1841)には、リアリズム文学の先駆的要素も認められる。また、最後の詩集『イシス』(1878)では、ささやかなできごとを紡ぎ合わせた寓話(ぐうわ)的世界をつくりあげている。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プラーティの関連キーワードカンポグランデポマトマリッジ株式会社かんぽ缶バッジかんぽ生命サンジョルジョマッジョーレ島ポマンダーマッジーニ四重奏団ポマレ[2世]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone