幽閉(読み)ゆうへい

精選版 日本国語大辞典「幽閉」の解説

ゆう‐へい イウ‥【幽閉】

〘名〙
① 人を一室や獄、塔、洞穴などに押し籠め、他人との交際を絶たせること。拘禁すること。禁。幽屏
※米沢本沙石集(1283)一〇本「阿闍世王は調達の悪友にあひて父母も幽(ユウヘイ)し、父母は悪友にあひて閉籠せられしかば」 〔後漢書‐和帝紀〕
② 深くとじこもること。心のふさぐこと。〔後漢書‐文苑伝・高彪〕
③ 旧刑法で、定役を科さず、島地の獄に拘禁する流刑の執行方法。〔刑法(明治一三年)(1880)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「幽閉」の解説

ゆう‐へい〔イウ‐〕【幽閉】

[名](スル)ある場所に閉じこめて外に出さないこと。「地下牢に幽閉する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android