コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリアンガン Priangan

世界大百科事典 第2版の解説

プリアンガン【Priangan】

インドネシア,西ジャワのバンドンを中心とする高原地帯の通称。14世紀にはパジャジャラン王国の中心地として栄えたが,この王国はマタラムスルタン・アグンの時代に2度の戦闘(1630,32)に敗れてマタラムの宗主権を認めた。次いでトルノジョヨの反乱(1675‐79)後,バンテン王国の勢力下に入り,1684年以後はオランダ東インド会社がこの地域に進出し,地方領主はその支配下に置かれた。1699年にアラビカ種のコーヒーが導入され,住民はそれ以降1916年にいたるまで,コーヒーの強制植付けと強制引渡しとを東インド会社(19世紀以降は植民地政庁)に対して義務づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone