コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プリズレン

2件 の用語解説(プリズレンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

プリズレン

コソボの南西部の都市。アルバニアとの国境近くに位置する。14世紀にはセルビアの首都にもなった町で,教会,モスク,古い建物などが残る美しい町並みを残している。織物,木工品,食品加工などの工業が行なわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プリズレン
ぷりずれん
Prizren

ヨーロッパ南東部、バルカン半島に位置するコソボ共和国南部の都市。人口11万5711(1999)。住民の多くはアルバニア人。シャル・プラニナ山脈中のビストリツァ河畔、標高412メートルの所にある。ローマ時代の商業都市で、中世には近くのトレプチャ鉱山で大いに栄え、14世紀セルビア王国の首都にもなった。現在も金銀細工は有名。1454年から第一次バルカン戦争(1912~13)までトルコ治下にあったため、ミルティン王時代の美しい壁画がみられる14世紀のリェビシュカ教会、ドゥシャン帝の聖アルハンジェロ修道院遺構、16世紀のメフメット・パシャの浴場、17世紀のシナン・パシャのモスクと見るべきものが多く、オリエンタルな町並みがいまに残る。織布・金属・製薬・タバコ工場などがある。[田村 律]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプリズレンの言及

【コソボ[州]】より

…戦後プリシュティナは大学,飛行場をもつ中都市に変貌した。他に製材・化学工場のあるコソブスカ・ミトロビツァ(人口9万),中世の古い町ブチトルン(5万),グニラネ(7万),ウロシェバツ(9万),ステファン・ドゥシャン帝が建てた聖アルハンゲル修道院(14世紀)とシナン・パシャ・モスク(16世紀)が共存する古風なプリズレンPrizren(10万)がある。 コソボ地方の先住者はイリュリア人であるが,それは現代のアルバニア人の一部を形成したと思われる。…

※「プリズレン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プリズレンの関連キーワードアルバニアアルバニア語コルンバプリシュティナアルバータ恰克図オフリドオフリド湖マトボコソボ自治州

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone