コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルードン主義 プルードンしゅぎproudhonism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プルードン主義
プルードンしゅぎ
proudhonism

フランスに起った P.プルードンを祖とする無政府主義的社会主義。プルードンの主張は 1848年二月革命以後労働者の間に広まり,反政府派の代表的なものとなったが,彼自身,政治的動揺,政府への屈服,政治不信からのアナーキズムへの傾斜など一貫性を欠いた。その後はサンディカリスムや無政府主義への道を開く役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プルードン主義の関連キーワードインターナショナルラファルグアナキズム社会党トランダナ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android