プルードン主義(読み)プルードンしゅぎ(英語表記)proudhonism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プルードン主義
プルードンしゅぎ
proudhonism

フランスに起った P.プルードンを祖とする無政府主義的社会主義。プルードンの主張は 1848年二月革命以後労働者の間に広まり,反政府派の代表的なものとなったが,彼自身,政治的動揺,政府への屈服,政治不信からのアナーキズムへの傾斜など一貫性を欠いた。その後はサンディカリスムや無政府主義への道を開く役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android