コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無政府主義 ムセイフシュギ

大辞林 第三版の解説

むせいふしゅぎ【無政府主義】

国家をはじめ一切の政治権力を否定し、個人の完全な自由およびそうした個人の自主的結合による社会を実現しようとする思想。プルードン・クロポトキン・バクーニンらに代表される。アナーキズム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の無政府主義の言及

【アナーキズム】より

…通常,無政府主義と訳す。無秩序な無政府状態を指すanarchiaは古代ギリシアに起源をもつ語であるが,アナーキーという言葉はそのように否定的な意味においても,また一部の宗教思想やユートピア的社会思想にみられるように,既成の権威を否定して個人中心の調和的社会結合を目指すという積極的な意味においても,西欧の精神史のうちに深い根をもっている。…

※「無政府主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

無政府主義の関連キーワードミハイル・アレクサンドロヴィチ バクーニンピョートル・アレクセーヴィチ クロポトキンジュゼッペ・マリア フィエスキアナルコ・サンジカリズムアナルコサンディカリスムアナルコサンジカリスムエンリコ マラテスタ非公式アナキスト連盟政治的正義の研究プルードン主義マッキンリー無政府主義者渡辺 政太郎和田 久太郎アナーキストクロポトキンチョルゴシュ久津見蕨村ゴドウィン煙山専太郎

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無政府主義の関連情報