無政府主義(読み)むせいふしゅぎ

  • anarchism

大辞林 第三版の解説

国家をはじめ一切の政治権力を否定し、個人の完全な自由およびそうした個人の自主的結合による社会を実現しようとする思想。プルードン・クロポトキン・バクーニンらに代表される。アナーキズム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 一切の政府(国家権力)を否定して、個人の自由を絶対化しようとする主義。プルードンが初めて用いた語で、バクーニンやクロポトキンなどによって主張された。アナーキズム。
※徳川氏時代の平民的理想(1892)〈北村透谷〉一「われは彼等の無政府主義(ムセイフシュギ)なりしや極端なる共和主義なりしや否やを知らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

国家・政府などいっさいの権力を否定し,完全な人間の自由をめざす思想。「アナーキズム」とも称される
古代のストア哲学や中世異端の中にもみられるが,近代ではイギリスのゴドウィンがその創始者とされ,ついでフランスのプルードンは,搾取と階級のない社会を建設する個人主義的無政府主義を唱えた。ロシアのバクーニンクロポトキンらの思想も現れ,マルクス主義とは対立しつつも,ロシア革命や中国革命の発展に一定の影響をおよぼした。フランスなどではサンディカリスムに発展し,労働運動に継承された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の無政府主義の言及

【アナーキズム】より

…通常,無政府主義と訳す。無秩序な無政府状態を指すanarchiaは古代ギリシアに起源をもつ語であるが,アナーキーという言葉はそのように否定的な意味においても,また一部の宗教思想やユートピア的社会思想にみられるように,既成の権威を否定して個人中心の調和的社会結合を目指すという積極的な意味においても,西欧の精神史のうちに深い根をもっている。…

※「無政府主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無政府主義の関連情報