コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プルームテクトニクス ぷるーむてくとにくすplume tectonics

知恵蔵の解説

プルームテクトニクス

地球型惑星のテクトニクス(地質構造論)は、マントルの大規模な対流運動、特に柱状に上昇あるいは下降するマントルのプルームによって支配されている、という新しい提起。高温部は巨大なホットプルーム(湧昇流)として下部マントルから上昇、反対に低温部はコールドプルーム(下降流)として地球深部へ下降する。浮力によるプルームの上昇速度は年間数cm〜10cm程度。大陸をのせている部分(テクトスフェア)は、巨大なホットプルームにより分裂・移動し、逆に巨大なコールドプルームは、それらを引き寄せて集結・合体させる。これらは、スーパープルームと呼ばれ、地震波トモグラフィーで明らかにされた。

(斎藤靖二 神奈川県立生命の星・地球博物館館長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

プルーム‐テクトニクス(plume tectonics)

《plumeは、もくもく上がる煙の意》地球の大規模な変動は、マントル内部に発生するホットプルームコールドプルームの対流によって起こるという学説。1990年代前半に発展。プレートテクトニクスにおけるプレートの動きは、この理論で説明がつくとされる。プリュームテクトニクス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

プルームテクトニクスの関連キーワードマントル対流説

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android