コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帽章晶子 ぼうしょうしょうしscopulite

岩石学辞典の解説

帽章晶子

晶子(crystallite)で棒または幹のようで末端が小枝や羽毛(plume)のように分岐しているものである[Rutley : 1891].ラテン語scopaeは小枝または箒(ほうき)の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

帽章晶子の関連キーワード帽章晶子状球顆

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android