コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プレグラン Pelegrin, Henri Auguste

2件 の用語解説(プレグランの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

プレグラン Pelegrin, Henri Auguste

1841-1882 フランスの技術者。
1841年11月30日生まれ。中国上海でガス灯を設置したあと,明治2年(1869)来日。4年横浜ガス主任技師となり,横浜にガス灯を敷設し,5年9月日本ではじめての街路灯が点火された。のち東京会議所にやとわれ,東京にもガス灯をつくる。12年離日。1882年10月25日死去。40歳。ボレーヌ出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

プレグラン

没年:1882.10.25(1882.10.25)
生年:1841.11.30
明治期に来日したお雇い外国人フランス人技術者。フランスのボレーヌ生まれ。明治2(1869)年,上海在留中にガス灯による横浜での街路照明計画案を提出,3年11月10日ガス灯の敷設権をめぐってドイツ商社と激しく競争した高島嘉右衛門の招きで来日した。横浜の伊勢山下に工場建設が進められる傍ら,プレグランは器械購入のため仏英へ向かい4年に日本に戻った。5年9月29日横浜の大江橋から馬車道,本町通りにかけ,街路では日本最初のガス灯十数基が点火され,さらにプレグランの尽力により東京でも7年12月18日に85基が灯った。10年より東京府ガス製造局に雇われたあと,12年3月5日離日。ハイチで没し,生地ボレーヌには生家と墓,プレグラン通りがある。

(澤護)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プレグランの関連キーワードアビーキングノットフォックヒルハウスマイヨブラウンスゴッチェシャンドフロラン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

プレグランの関連情報