プロキシ・サーバー(読み)ぷろきしさーばー(英語表記)proxy server

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロキシ・サーバー
ぷろきしさーばー
proxy server

内部ネットワーク(企業のイントラネットなど)と外部ネットワーク(インターネット)を接続する際に、内外を仲介する役割を担う代理のコンピュータ、またその機能を実行するソフトウェア。「プロキシ」とは、英語で「代理」の意味。
 プロキシ・サーバーを設置することでアクセスを一元管理できるため、内部ネットワークのコンピュータへの外部からの不正アクセスや攻撃を遮断したり、あるいは内部から特定の外部サイトへのアクセス禁止などが可能となる。また一度読み込まれたデータを一時的に保存するキャッシュ機能などにより高速化も実現できる。企業にとって、社内と外部のネットワークを安全に接続するために、不可欠な技術となっている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android