コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロミスキャスモード ぷろみすきゃすもーど

1件 の用語解説(プロミスキャスモードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

プロミスキャスモード

NIC(Network Interface Card)で、ネットワークを流れるすべてのパケットを受信する特殊なモード。通常のNICは、Ethernetフレームの宛先MACアドレスが自分と異なる場合には、自分宛ではないと判断してフレームを破棄する。しかし、プロミスキャスモードに設定しておけば、自分宛ではないフレームもすべて取り込める。スイッチが普及する以前のリピーターハブ環境では、フレームがすべてのホストに流れていたため、このモードをオンにするだけで容易にパケットキャプチャーができた。設定はドライバーレベルで行なうが、まれに不許可にしているベンダーもある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

プロミスキャスモードの関連キーワードネットワークカードCNNAFNNICINCJNNNNQFNNJNNWラン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone