コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーナ プーナPune

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーナ
Pune

インド西部,マハーラーシュトラ州西部の都市。プーナ県の行政庁所在地。ムンバイ (ボンベイ) 南東約 120km,デカン高原西端部 (標高 564m) ,ムラ川とムタ川の合流点に位置。 1635年頃マラータシバージーが本拠地をおき,1714年にはマラータ王国の首都およびヒンドゥー文化の中心地として栄えた。その後は反英闘争の拠点となり,1817年イギリス支配下となったのちも,ラーナデーゴーカレーティラクらの独立運動指導者が輩出,1940年には全インド会議派委員会の開催地となった。温和な気候,美しい風光に恵まれ「デカンの王女」の別名をもつ。綿工業,製糖,農業機械,電気機械などの工業も盛ん。プーナ大学のカレッジ多数と,サンスクリット学,プラークリット学で知られるバンダルカル東洋学研究所がある。人口 155万 9558 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

プーナ【Poona】

インド中西部の都市。綿工業が盛ん。デカン高原の避暑地としても知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プーナ
ぷーな
Poona

インド西部、マハラシュトラ州西部の都市。プーネPuneともいう。人口254万0069(2001)。ムンバイ(ボンベイ)南東120キロメートルのムタ川、ムラ川の合流点に位置する。18世紀後半よりマラータ同盟の都として発展し、教育、文化の分野で水準の高い都市である。イギリスに征服された1817年以後はイギリス軍の駐屯地として重要な地位にあった。旧市街地の東部にあたる広い駐屯地の周辺はヨーロッパ風の商店、銀行、レストランなどが並ぶ近代的な市街地で、パールシー教徒、グジャラート人、パンジャーブ人が居住する。寺院、狭い道路、密集した家々の多い旧市街地とは対照的である。道路・鉄道交通ともに恵まれ、高い教育水準に支えられて急速に近代工業化が進んだ。繊維、食料品、ゴム、製紙、プラスチック、機械工業などが盛んで、市街地周辺には大規模工場の進出が目覚ましく、工業人口の比率も高い。[中山晴美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

プーナの関連キーワードバージー・ラーオ(2世)ジュニャーネーシュワルプーナ・デ・アタカマエルフィンストーンチャールズ コレアユーヤイヤコ[山]B.G. ティラクマイクル クレイグサービトリー物語ニジャリンガッパガーイクワールインド奉仕協会マラーティー語マラーター同盟マーレガオンペーシュワーバドミントンコーサンビーボンスレー家サーングリ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android