コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プールポアン pourpoint[フランス]

2件 の用語解説(プールポアンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

プールポアン【pourpoint[フランス]】

本来は西欧中世の兵士が鎖帷子(かたびら)の下に着た胴着の一種で,刺子(さしこ)仕立てを特徴とし,表布と裏布の間に綿や麻屑の詰物をして,合わせ縫いした膝丈の衣服。14世紀の初めころから上衣として市民服にもとりいれられ,16世紀から17世紀の中ごろにかけてすべての男子によって着用されるようになり,時代の流行に応じて,デザインもさまざまに変化した。16世紀には肩や胸をふくらませて男子の威厳をあらわした詰物も17世紀に入ると取り去られ,裂け目を入れて下に着るものを見せるスラッシュに代わってボタンが装飾用の価値を増してくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プールポアン
プールポアン

ダブリット」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のプールポアンの言及

【襟∥衿】より

…13世紀にはじめてチュニックの首回りに細い帯状のものがついた。14世紀から15世紀にかけて現れた男子の胴衣プールポアンや,外衣のフープランドに身ごろと共布の立襟がついた。17世紀に,身ごろから分離した襟としてラフ(襞襟)が現れ,上質の麻,綿で作られた最初の襟となる。…

※「プールポアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

プールポアンの関連キーワード鎖帷子湯帷子越後帷子大帷子帷子雪具足帷子小帷子渋帷子雀の帷子縮帷子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone