コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎖帷子 くさりかたびらmail

翻訳|mail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎖帷子
くさりかたびら
mail

細かいを平らに編んでつくった着物。帷子に似た略式防具。鎧の下や衣服の下に着込んで用いた。一重鎖,二重鎖,総鎖,南蛮鎖などの種類があり,日本では室町時代から使われていた。西洋では 12~13世紀に主要な防具として衣服の下に着用したが,矢や槍の攻撃に不備であり,火器に対し無力であるため,鉄製の甲に取って代わられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くさり‐かたびら【鎖帷子】

筒袖帷子に鎖をとじつけた防御具。鎧(よろい)や衣服の下に着込むので着込(きご)みともいう。くさり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎖帷子【くさりかたびら】

鎖襦袢(じゅばん),鎖着込みなどとも。細かい鎖をつづり合わせて,短衣にとじつけた護身用の衣。鎖の組み方によって一重鎖,二重鎖,総鎖,南蛮鎖などの名称がある。日本では中世から用いられ,《太平記》にも記述がある。
→関連項目網襦袢甲冑

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くさりかたびら【鎖帷子】

細い鎖をつなぎ合わせて襦袢ジバンなどに綴じつけたもの。鎧よろいや衣服の下にも着込んだ。鎖襦袢。 → 着込み

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎖帷子
くさりかたびら

鎖着籠(くさりきごめ)ともいう。室町末期の発生と推測される防具の一種で、出行の際や陣中において非常に備えて衣中に着用し、あるいは戦闘時に甲冑(かっちゅう)の下に着籠め、ときには甲冑の上に着用して防護力を強化した。『室町殿日記』『奥羽永慶(えいけい)軍記』『義光物語』などの記事にみえる。また、島原の乱に出陣した熊本藩主細川忠利(ただとし)の正月24日付(寛永15)書状に「一たゝみ具足、又くさりかたびらは数可有之候」とあり、当時盛んに着用されたことをうかがわせる。
 一般的形状は、筒袖(つつそで)の胴衣で、紺麻や浅葱(あさぎ)麻などに厚地の麻芯(しん)(中籠(なかごめ))を入れ、これに鎖を綴(と)じ付けたものである。筏金(いかだがね)を併用することがあり、また鎖や亀甲金(きっこうがね)を綴じ付けた芯地の表裏を布帛(ふはく)で縫い包んだものもある。なお、鎖帷子に類似した用途のものに下満智羅(したまんちら)がある。布帛に鎖や亀甲金を縫い込んだもので、甲冑の下に着籠めて、襟回(えりまわり)、肩当(かたあて)、小鰭(こひれ)、脇当(わきあて)をも兼用した。[山岸素夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鎖帷子の言及

【甲冑】より

…これに対応して,楯は円形ないし楕円形から半円筒形に近い,反りのついた長方形に変わり,また脛当が廃止された。ローマ時代における大きな進歩は,一方では鎖帷子(くさりかたびら),他方では小札鎧の登場である。前者はケルト起源,後者はイベリア起源と言われている。…

※「鎖帷子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鎖帷子の関連キーワードバシネット式ヘルメット着込み・着籠・着篭上具足・表具足サルマート文化サットン・フーアイバンホー兜跋毘沙門天お種/彦九郎プールポアン歌舞伎衣装網ジュバンアーミュアシュルコ網ジバンブリオー森本東烏紋章衣アスト剣舞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android