コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘウム ヘウムChełm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘウム
Chełm

ポーランド東部,ルベルスキェ県の都市。ルブリンの東南東約 70km,ブク川の支流ウヘルカ川沿岸,ウクライナとの国境付近に位置する。 1366年リトアニアからポーランドに編入され,ヘウム地方の中心都市となった。 1795年第3次ポーランド分割でオーストリア領となり,1815年からロシア領ポーランド王国に併合。 1921年にポーランドに帰属。第2次世界大戦中はドイツ軍によって二つの捕虜収容所が設けられ,約9万人が殺された。この地で 1944年7月 22日,ポーランド国民解放委員会 7月宣言が出された。鉱業のほか,セメント,ガラスなどの工業が行なわれる。人口6万 8909 (2002) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘウム【Chełm】

ポーランド中東部,同名県の県都。人口6万9400(1995)。ルブリンの東60kmで,ウクライナ共和国国境に近い。1233年に都市権を得た古い町で,ロシアとの交通路であるキエフ・マゾフシェ街道に沿って発達した。肥沃な農業地域の中にあり,農産物の集散地として食品加工・農業機械工業があり,ルブリン高地の石灰岩を原料としたセメント工場,ガラス工場,建設資材工場が立地する。【山本 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘウムの関連キーワードハインツ グデーリアンアウシュビッツグデーリアン絶滅収容所

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android