コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘジュ(海州)市 ヘジュHaeju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘジュ(海州)〔市〕
ヘジュ
Haeju

北朝鮮,ファンヘナム (黄海南) 道の南部にある港湾都市。道庁所在地。カンファ (江華) 湾の北岸に細長く入込んだヘジュ湾の湾奥にあり,北朝鮮の西岸では唯一の不凍港を擁する。早くから港町として開け,特に対中国貿易では中心的役割を果した。高麗で安西都護府となり,李氏朝鮮では海州で黄海道の観察使営がおかれていた。工業は独立後急速に発達し,セメント,金属精錬,化学などが盛んである。古くから陶磁器の産地として知られ,墨,硯も特産品である。貿易港であるとともに,ヨンベク (延白) 平野,チェリョン (載寧) 平野を後背地に農産物の集散でにぎわう。湾口沖のテヨンピョン (大延坪) 島付近は好漁場で,漁港としても重要。一帯は海岸保養地である。古都として名所旧跡も多く,ヘジュ九層塔,石氷庫,芙蓉堂などが有名。ピョンブ (平釜) 鉄道から支線が通じている。人口 19万 5000 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヘジュ(海州)市の関連キーワードファンヘナム(黄海南)道

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android