コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘミオラ ヘミオラhemiola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘミオラ
hemiola

音楽用語。ギリシア語で「ヘミオリア」。「1.5」「1つと半」の意。中世,ルネサンスの理論では,(1) 3:2の振動数をもつ完全5度の音程をさし,(2) 定量記譜法において2つのセミブレビスの時価に3つのセミブレビスがあてられることを意味した。 (3) より広義に2拍子と3拍子の交替する効果。 G.ヘンデルカデンツや F.ショパン,R.シューマン,J.ブラームスらの作品にしばしば用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヘミオラの関連キーワードアフリカ音楽ポリリズム民族音楽散調

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android