コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルゴラント[島] ヘルゴラント

百科事典マイペディアの解説

ヘルゴラント[島]【ヘルゴラント】

ドイツ北部,シュレスウィヒ・ホルシュタイン州に属する北海中の小島。漁業が行われ,海洋生物研究所,渡鳥観測所があり,観光地。1714年デンマーク領,1807年英領,1890年にドイツ領となり,要塞化。1945年―1952年は英空軍の射爆場。0.9km2。1741人(1993)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルゴラント[島]【Helgoland】

エルベ川河口部,クックスハーフェンの北西約50kmの北海に浮かぶ小島。ドイツ,シュレスウィヒ・ホルシュタイン州に属する。南北の長さ1600m,最大幅600m,面積0.9km2,人口約2500。中生代の基盤が露出している島。北西部では高さ60mに及ぶ断崖が連なり,基盤の赤色砂岩層が美しい層理をみせている。古くからフリージア人が住み,漁業を行っていたが,1402年からシュレスウィヒ・ホルシュタイン公国に属し,1714年,デンマーク領となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android