コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルムホルツの共鳴器 ヘルムホルツのきょうめいきHelmholtz resonator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルムホルツの共鳴器
ヘルムホルツのきょうめいき
Helmholtz resonator

共鳴を利用して音響スペクトルをはかる装置。 H.ヘルムホルツは,これを用いて音声や楽器の音の分析を行なった。ビール瓶などに水を入れるとき,水面が上がるにつれて,急に音が大きくなるところがある。これは瓶の中の空気が特別の固有振動に共鳴するためである。ヘルムホルツの共鳴器も原理は同じで,2つの穴があいたガラスまたは金属製の球を用いる。小さい穴は耳にあて,大きい穴は音源に向ける。球の直径は3~25cmのいろいろな寸法のものを用意する。1つの共鳴器は1つの周波数の音に共鳴する。したがって,多数の共鳴器を使うことによって,音響スペクトルが測定できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone