コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルメシアナクス ヘルメシアナクス Hermēsianax

2件 の用語解説(ヘルメシアナクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルメシアナクス
ヘルメシアナクス
Hermēsianax

[生]前320頃.コロフォン
[没]?
ギリシアエレゲイア詩人。アレクサンドリア時代文学の先駆者の一人。太古からの悲恋物語を歌って恋人の名を冠したエレゲイア詩集『レオンチオン』 Leontion (3巻) により名をなした。これは断片のみ現存。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルメシアナクス
へるめしあなくす
Hermesianax

生没年未詳。古代ギリシアの詩人。コロフォンの出身。紀元前300年ごろに活躍し、アレクサンドリア時代の詩の先駆者の一人。アンティマコスの『リューデー』に倣い、自分の恋人の名を表題にした『レオンティオン』が代表作。いくつかの悲恋物語をエレゲイアにまとめた小詩の集成らしいが、断片しか伝わらない。難解語を多用し、縁起譚(たん)を偏好する特徴は、後世の詩人にも例外なく認められるが、すでにこの作品にはっきり現れている。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルメシアナクスの関連キーワードコロフォンシロフォンフォンドボークリスタルマイクロフォン炭素マイクロフォンフォントメモリーマイクロフォンスマフォンフォン・メック,N.ベレロフォン(動物)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone