ヘルメシアナクス(英語表記)Hermēsianax

  • Hermesianax

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]前320頃.コロフォン
[没]?
ギリシアのエレゲイア詩人。アレクサンドリア時代文学の先駆者の一人。太古からの悲恋物語を歌って恋人の名を冠したエレゲイア詩集『レオンチオン』 Leontion (3巻) により名をなした。これは断片のみ現存

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生没年未詳。古代ギリシアの詩人。コロフォンの出身。紀元前300年ごろに活躍し、アレクサンドリア時代の詩の先駆者の一人。アンティマコスの『リューデー』に倣い、自分の恋人の名を表題にした『レオンティオン』が代表作。いくつかの悲恋物語をエレゲイアにまとめた小詩の集成らしいが、断片しか伝わらない。難解語を多用し、縁起譚(たん)を偏好する特徴は、後世の詩人にも例外なく認められるが、すでにこの作品にはっきり現れている。

[伊藤照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android