コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルメシアナクス ヘルメシアナクスHermēsianax

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルメシアナクス
Hermēsianax

[生]前320頃.コロフォン
[没]?
ギリシアのエレゲイア詩人。アレクサンドリア時代文学の先駆者の一人。太古からの悲恋物語を歌って恋人の名を冠したエレゲイア詩集『レオンチオン』 Leontion (3巻) により名をなした。これは断片のみ現存。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘルメシアナクス
へるめしあなくす
Hermesianax

生没年未詳。古代ギリシアの詩人。コロフォンの出身。紀元前300年ごろに活躍し、アレクサンドリア時代の詩の先駆者の一人。アンティマコスの『リューデー』に倣い、自分の恋人の名を表題にした『レオンティオン』が代表作。いくつかの悲恋物語をエレゲイアにまとめた小詩の集成らしいが、断片しか伝わらない。難解語を多用し、縁起譚(たん)を偏好する特徴は、後世の詩人にも例外なく認められるが、すでにこの作品にはっきり現れている。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヘルメシアナクスの関連キーワードグプタ朝近紫外線チャンドラグプタグプタ朝チャンドラグプタ[1世]グプタ朝小山正明スラックチャンドラグプタ(1世)伝聞証拠

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android