コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘレス ヘレス Jerez de la Frontera

2件 の用語解説(ヘレスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヘレス(Jerez de la Frontera)

スペイン南西部、アンダルシア州の都市。正式名称ヘレス‐デ‐ラ‐フロンテラ。シェリー酒原産地として知られる。イスラム時代に建造されたアルカサル(王宮)、王立馬術学校、モスクを改築した大聖堂などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘレス
へれす
Jerez de la Frontera

スペイン南西部、アンダルシア地方カディス県の都市。旧名シェレズXeres。人口18万3273(2001)。シェリー(ヘレスの英語化した名称)酒として知られる高品質のぶどう酒生産地帯の中心地。古代ローマ起源の町で、イスラム時代のアルカサルのある旧市街はグアダリフェ川北側の台地上を占める。周辺のブドウ栽培およびぶどう酒製造と市内の商業は13世紀に発展し、ぶどう酒は14世紀前半にはすでにイギリスフランドル地方に輸出されていた。ボデガbodegaとよばれる酒蔵を備えた酒造工場や関連小工場は、旧僧院内、旧市の北、東および南西縁にみられる。製品は南西55キロメートルのカディス港やその手前のプエルト・デ・サンタマリアから積み出される。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘレスの関連キーワードイタリカカルモナセビリアアンダルシアアルコスデラフロンテラサンルーカルデバラメダトレモリノスヒブラルファロ城ピレタ洞窟フエンヒローラ

ヘレスの関連情報