コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェリー酒 シェリーしゅsherry

翻訳|sherry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェリー酒
シェリーしゅ
sherry

スペイン南部のヘレスデラフロンテラ地方を中心に醸造される酒精強化ワイン (アルコール度数を高めたワイン ) 。シェリーの名は,ヘレスの英語読みからきている。シェリーを特徴づけているのは,ワインを空気に触れさせることで表れるフロール (花) と呼ばれる白い酵母で,これがシェリー特有の木の実のような香りを生んでいる。もう一つの特徴がソレラ法という製法で,元となるワインの貯蔵樽を3~8段に積み上げ,最下段に最も古いワインを,最上段に最も新しいワインを入れる。最下段の樽から一定量のワインを抜き取ると,同量のワインをすぐ上の樽からつぎ足し,さらにその上の樽からすぐ下の樽へと新しいワインを順次移していく。最下段の樽から抜き取られたワインはブランデーを加えられ,アルコール度数が 16~18度に高められる。アペリチーフ (食前酒) には辛口のマンサニーリャ,フィノ,アモンティリャド,ビノデパストといった種類のシェリーが飲まれ,デザートワインには甘口でこくのある,オロロソ,アモロソ,クリーム,ブラウンなどが飲まれる。シェリーと同種の酒は,キプロス,南アフリカ共和国,オーストラリア,アメリカ合衆国などでもつくられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シェリー酒の関連情報