サンタマリア(英語表記)Santa Maria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタマリア
Santa Maria

ブラジル最南部,リオグランデドスル州中部の都市。中心集落は州都ポルトアレグレの西約 250km,パラナ高原南麓のジャクイ川河谷にあり,標高約 150m。 1797年建設。肥沃な農牧地帯の商工業中心地で,家畜,米,アルファルファ,ブドウ,果実などを集散し,ビール,ワイン,皮革製品,食肉加工などの工業がある。サンパウロからウルグアイへ通じる鉄道とポルトアレグレからアルゼンチンへ通じる鉄道が交差する交通の要地で,市内には鉄道関係の企業が多い。サンタマリア連邦大学 (1960) 所在地。人口 21万 7565 (1991推計) 。

サンタマリア
Santa Maria

アメリカ合衆国,カリフォルニア州南西部,サンタマリア川流域にある都市。 1870年代初めにがつくられ,セントラルシティーと呼ばれたが,85年に現在の名に改められた。農業がおもで草花種子なども産したが,1936年に石油が発見され,第2次世界大戦後は付近に空軍基地ができたことも刺激となって,軽工業が発達した。人口6万 1284 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サンタ‐マリア(〈ポルトガル〉Santa Maria)

イエス=キリストの母マリア尊称。聖母マリア。

サンタ‐マリア(Santa Maria)

米国カリフォルニア州南西部の都市。太平洋岸のセントラルコーストに位置する。ワイン産地として知られるサンタマリアバレーの中心地。バーベキュー料理が有名。
フィリピン、ルソン島北部西岸、南イロコス州の町。スペイン統治時代に建てられたバロック様式のヌエストラセニョーラ‐デ‐ラ‐アスンシオン教会があり、1993年に「フィリピンのバロック様式教会群」の一つとして登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

サンタ‐マリア

(Santa Maria) イエス‐キリストの母であるマリアの尊称。聖母マリア。
※どちりいなきりしたん(一五九二年版)(1592)四「御母サンタマリヤへ対し奉り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android