コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンタマリア Santa Maria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンタマリア
Santa Maria

アメリカ合衆国,カリフォルニア州南西部,サンタマリア川流域にある都市。 1870年代初めに町がつくられ,セントラルシティーと呼ばれたが,85年に現在の名に改められた。農業がおもで草花の種子なども産したが,1936年に石油が発見され,第2次世界大戦後は付近に空軍基地ができたことも刺激となって,軽工業が発達した。人口6万 1284 (1990) 。

サンタマリア
Santa Maria

ブラジル最南部,リオグランデドスル州中部の都市。中心集落は州都ポルトアレグレの西約 250km,パラナ高原南麓のジャクイ川河谷にあり,標高約 150m。 1797年建設。肥沃な農牧地帯の商工業中心地で,家畜,米,アルファルファ,ブドウ,果実などを集散し,ビール,ワイン,皮革製品,食肉加工などの工業がある。サンパウロからウルグアイへ通じる鉄道とポルトアレグレからアルゼンチンへ通じる鉄道が交差する交通の要地で,市内には鉄道関係の企業が多い。サンタマリア連邦大学 (1960) 所在地。人口 21万 7565 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

サンタ‐マリア(〈ポルトガル〉Santa Maria)

イエス=キリストの母マリア尊称。聖母マリア。

サンタ‐マリア(Santa Maria)

フィリピン、ルソン島北部西岸、南イロコス州の町。スペイン統治時代に建てられたバロック様式のヌエストラセニョーラ‐デ‐ラ‐アスンシオン教会があり、1993年に「フィリピンのバロック様式教会群」の一つとして登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サンタマリア【Santa Maria】

○ イエスの母マリアの尊称。聖母マリア。
コロンブスが米大陸発見時に乗っていた帆船の名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サンタマリアの関連キーワード踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!救命病棟24時スペシャル2010サンタマリアデリポール修道院マドンナデッリドリス教会フアン・サンタマリアの日ウエディングプランナー熊本県天草市有明町大浦アルジャーノンに花束をあなたの隣に誰かいる救命病棟24時〈4〉今週、妻が浮気しますグアダルーペ修道院カーセレスの旧市街さよなら、小津先生パーフェクトラブ!アスコーナ音楽週間モンセラート修道院ラセウドゥルジェイカンピドリオの丘マッダレーナ諸島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サンタマリアの関連情報