コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘレ Hellē

翻訳|Hellē

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘレ
Hellē

ギリシア神話の女性。アタマスネフェレの娘,フリクソスの妹。兄妹はアタマスの後妻となったイノの悪巧みにより,ゼウスへのいけにえにされるところを,母に与えられた空を飛ぶ金毛の羊に乗り海を渡ってコルキスへ逃れようとしたが,途中彼女のみ海に落ちて溺死。のちその海は「ヘレの海」 Hellespontosと呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のヘレの言及

【おひつじ座(牡羊座)】より

…黄道十二宮の一つ。ギリシア神話では,父王に憎まれた兄妹フリクソスとヘレを乗せて黒海東岸のコルキスまで飛ぶ金毛の牡羊で,途中妹のヘレを落としたところがヘレスポントス海(現,マルマラ海)であるという。ギリシア時代には春分点はこの星座にあり,〈牡羊の原点〉と呼ばれていたが,現在では歳差運動によって春分点は東隣のうお座に移っている。…

【雲】より

…そして妊娠したネフェレから生まれたのが,上半身が人間で下半身が馬の好色で乱暴な怪物ケンタウロスたちであるという。雲女のネフェレは,後に人間の王アタマスと結婚し,フリクソスという息子とヘレという娘を産んだが,アタマスはそのあとでネフェレを離別しテーバイの王カドモスの娘イオを妃に迎えた。しかし自分の産んだ子どもたちがイオに迫害され殺されそうになると,ネフェレはゼウスから空を飛ぶ金の毛の牡羊を与えられ,フリクソスとヘレをそれに乗せて故国から脱出させた。…

※「ヘレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘレの関連キーワードサー・ジョン オールドカッスルヘレ トーニングシュミットウイリアム・K. ダグラスヘレフォード・ウースターヘレンホイザー王宮庭園おひつじ座(牡羊座)ヘレニズム的ユダヤ教ヘレスデラフロンテラガラテア人とその妻アッティラ シモンアンティゴノス朝プトレマイオス朝読後焼却のことマデロンの悲劇ヘレロ族の反乱ヘレニズム美術デイフォボスフィリトイドペルガモン派ホイスマンス

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘレの関連情報