溺死(読み)できし(英語表記)death from drowning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溺死
できし
death from drowning

液体を気道末梢まで吸引して死ぬことをいう。水に没して死亡する水死では,水によって呼吸気道が閉塞して窒息が起り,これに血液の希釈 (淡水の場合) あるいは濃縮 (海水の場合) が加わるために死亡するのが大部分であるが,ショック死 (心臓麻痺) とか,いったん蘇生後に炎併発のため死亡することも,まれにはある。死体の肝臓,腎臓,骨髄などにプランクトンが検出され,肺や腸に水が入っていれば,溺死と診断してよい。 (→溺水 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

でき‐し【溺死】

[名](スル)水におぼれて死ぬこと。おぼれ死に。水死。「川で溺死する」「溺死者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

溺死【できし】

水その他の液体の呼吸気道閉塞(へいそく)による死。窒息死の一種。喀血吐血の吸引によるものは,溺死とは言わない。自他殺手段および事故死因の重要なもの。ただし入水死には,寒冷水の皮膚や喉頭(こうとう)粘膜刺激による心臓停止,鼓膜穿孔(せんこう)のある場合の水の侵入による迷路障害,意識消失によるものなどもある。これらの場合は肺中に溺水が存在することは少ない。海や川などでの溺死体では肺および全身の臓器にプランクトンが証明される。なお,おぼれた者を救出し,呼吸が停止している場合は,水をはかせるより応急措置として人工呼吸を行い,医師の指示をまつ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

できし【溺死 death by drowning】

水などの液状物が気道内に吸引され,窒息によって死亡することである。一般に,全身が水や液体の中に溺没して窒息死した場合をいうが,浅い溝の中や水たまりなどに顔面をつっこんで窒息死した場合も溺死という。水中で発見された死体は水中死体といわれ,このほとんどは溺死であるが,水浴死といわれる冷水刺激による急死や,他殺死体を水中に投入したような,他の原因で死亡したものもある。溺死は自殺や自己過失や災害によって生じるものがほとんどであるが,まれには酒に酔った人などを水中に突き落として死亡させたり,無理心中などによる他殺がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

できし【溺死】

( 名 ) スル
水におぼれて死ぬこと。おぼれ死に。 「高波にのまれ-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼれ‐じに【溺死】

〘名〙 水に落ちて死ぬこと。水死。できし。〔書言字考節用集(1717)〕

おぼれ‐し・ぬ【溺死】

〘自ナ変〙 水に落ちたり、泳げなくなって水を飲んだりして、死ぬ。溺死する。水死する。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「遠汲とは、水くみにとをとをと行て、溺(テキ)(〈注〉ヲホレ)死たぞ」

でき‐し【溺死】

〘名〙 水におぼれて死ぬこと。水が気管・気管支・肺胞内につまって呼吸気道をふさぎ、窒息死する。水死。〔文明本節用集(室町中)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「嚮(さき)に忠重の溺死(デキシ)せしと聞て」 〔後漢書‐光武帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溺死の関連情報