ベイカ(読み)べいか

  • Loligo beka

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軟体動物門頭足綱ジンドウイカ科のイカ。小形種で、瀬戸内海から九州西岸、朝鮮半島南部、中国沿岸に分布する。外套(がいとう)長は70ミリに達し、ひれは後位で菱(ひし)形。腕は外套長の半分ぐらいで、吸盤は二列に並び、大吸盤の角質環には4~6ぐらいの広い半月形の歯がある。雄の左腹腕は先端の吸盤がなく、交接腕化している。触腕の吸盤は四列に並んでいて、大吸盤の角質環には、鋭い歯が20本ほど間隔をあけてある。瀬戸内海の児島(こじま)湾では4~5月ごろ集魚灯で集めて本種をとる。ベイカはこの地方の呼び名であったものである。

[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベイカの関連情報