ベイツガ

リフォーム用語集の解説

ベイツガ

ヘムロックの別名。マツ科ツガ属の常緑針葉樹。漢字では米栂和名はアメリカ産のツガの意味。英名はwestern hemlock。安価であり、日本が北米から輸入する木材の中で最も量が多い。住宅を始め伝統的にスギが使われてきた分野の多くが、ベイツガに取って代わられている。光沢があり、肌目はやや粗い。加工性が良いが。建築材、構造材、造作材、建具材として幅広く使用されている。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

世界大百科事典内のベイツガの言及

【ツガ(栂)】より

…青森県岩木山から四国脊梁(せきりよう)山脈までと大分・熊本県境の祖母山にも分布するが,近畿北部と中国地方には産しない。ツガ属は東アジアと北アメリカに10種を産するが,北アメリカ西岸のアメリカツガT.heterophylla Sarg.は高さ70mにもなる巨木で,日本にもベイツガ(米栂)の名で建築材として大量に輸入される。【浜谷 稔夫】。…

※「ベイツガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android