コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベクレル効果 ベクレルコウカ

デジタル大辞泉の解説

ベクレル‐こうか〔‐カウクワ〕【ベクレル効果】

電解質溶液中に2個の電極を設置し、その一方に光を照射すると電極間に電位差が発生する現象。1839年、フランスのアレクサンドル=エドモン=ベクレルが発見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ベクレル効果の関連キーワードベックレル効果(光起電力)光起電力

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android