コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光起電力 ひかりきでんりょくphotovoltage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光起電力
ひかりきでんりょく
photovoltage

光の照射によって発生する電位差をいう。おもなものに次の2種がある。 (1) 半導体p-n接合や整流作用をもつ金属と半導体の接触においてみられるもの。これらの接合や接触の界面には電位差が存在する。この界面付近に禁制帯幅より大きいエネルギーをもつ光を入射させることによって過剰のキャリア (電子と正孔) が生成される。これらのキャリアは接合や界面に存在する電界によって引分けられて両側の半導体または金属に正負の電荷が現れ,端子間に電位差が生じる。太陽光を入射光として光起電力を得る電池が太陽電池であり,主としてシリコンのp-n接合が用いられている。 (2) 均一な半導体に局部的に光を照射することにより電位差を生じるもの。これをデンバー (Dember) 効果という。光照射によって生じた過剰の電子・正孔対が濃度勾配によって拡散するが,電子と正孔の移動度が異なるため,正・負の電荷の分布に不均一を生じ,半導体の端子間に電位差を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の光起電力の言及

【光電効果】より

…光電効果には,固体表面から光電子が放出される外部光電効果や,原子などから光電子が放出され,イオン化する光イオン化などがある。また光照射により絶縁体や半導体中の伝導電子が増加し電気伝導度が増加する内部光電効果(光伝導ともいう),ならびに光照射により起電力を生ずる光起電力効果も光電効果の一種である。 光電効果は,量子力学誕生の端緒となった物理現象の一つとして,物理学史上,その発見の意義は大きい。…

【光電効果】より

…光電効果には,固体表面から光電子が放出される外部光電効果や,原子などから光電子が放出され,イオン化する光イオン化などがある。また光照射により絶縁体や半導体中の伝導電子が増加し電気伝導度が増加する内部光電効果(光伝導ともいう),ならびに光照射により起電力を生ずる光起電力効果も光電効果の一種である。 光電効果は,量子力学誕生の端緒となった物理現象の一つとして,物理学史上,その発見の意義は大きい。…

※「光起電力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光起電力の関連キーワードエネルギー変換用色素太陽電池(セル)光電変換材料ベクレル効果デンバー効果赤外線検出器非晶質半導体太陽光発電光導電セル有機半導体蛍光性色素ダイオードフォトセル直接発電受光素子光検出器光電効果光検波器光電子光電池

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android