ベザ(英語表記)Beza, Theodorus; Bèze, Théodore de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベザ
Beza, Theodorus; Bèze, Théodore de

[生]1519.6.24. ブルガンディ,ベズレ
[没]1605.10.13. ジュネーブ
フランスの改革派神学者。 20歳ですでにラテン詩人として高名であった。法律家となったが大病を経て宗教改革運動に志し,1548年ジュネーブにおもむき,以後大学教授職,著作活動のかたわらカルバンのすぐれた協力者,後継者として活躍。新約聖書ラテン語訳は今日も版を重ねている。 81年有名なベザ版聖書手写本をケンブリッジ大学に寄贈した。著書『カルバン伝』 Vie de Calvin (1563) ,『フランスにおける改革派教会史』 Histoire ecclésiastique des églises réformées au royaume de France (3巻,80) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android