コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベザ版聖書手写本 ベザばんせいしょしゅしゃほんCodex Bezae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベザ版聖書手写本
ベザばんせいしょしゅしゃほん
Codex Bezae

ベザ・ケンブリッジ写本ともいう。記号はD。5世紀頃に書かれたと推定される新約聖書大文字綴本写本。カルバンの友人 T.ベザが 1581年ケンブリッジ大学へ寄贈したところからこの名がある。内容は4福音書と『使徒行伝』で,ギリシア語テキストとラテン語の翻訳があり,おそらく西方で書かれたと思われる。パピルス写本,バチカン写本シナイ写本エフラエム再録写本とは字句の相違があり,貴重な資料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone