コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクシミリアン マクシミリアンMaximilian; Ferdinand Maximilian Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシミリアン
Maximilian; Ferdinand Maximilian Joseph

[生]1832.7.6. ウィーン
[没]1867.6.17. ケレタロ
メキシコ皇帝 (在位 1864~67) 。オーストリア大公。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟で,1857年ベルギー王家のシャルロッテ (カルロタ ) と結婚,63年フランス軍のメキシコ占領後,メキシコ保守派およびナポレオン3世から帝位を与えられた。翌 64年これを受諾してメキシコに渡ったが,教会財産の返還拒否などでメキシコ保守派の支持を失い,他方 B.フアレスの率いる革命軍の抵抗にあい,66年フランス軍撤退後,67年革命軍の捕虜となり銃殺された。

マクシミリアン
Maximilian, Prinz Von Baden

[生]1867.7.10. バーデンバーデン
[没]1929.11.6. セイラム城
ドイツの政治家。バーデン大公フリードリヒ2世の従弟。1907~18年バーデン上院議長。第1次世界大戦末期の 1918年10月3日,軍部支配の崩壊とともに不利な戦況に終止符を打つために,その平和主義的・自由主義的傾向を認められてドイツ帝国の首相に就任。連合国との間に休戦交渉を開始した。当初は君主制の維持に尽力したが,軍隊の士気の低下,国内各地の反乱といった状況下に同 1918年11月9日皇帝ウィルヘルム2世の退位を宣言し,同時に首相の地位をフリードリヒ・エーベルトに譲って引退。『回想録』Erinnerungen und Dokumente(1927)がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マクシミリアン(Maximilian)

(1世)[1459~1519]神聖ローマ皇帝。在位1493~1519。婚姻政策によってハプスブルク家領を広げ、同家興隆の基礎を築いた。スイス諸州の独立を承認

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マクシミリアン

メキシコ皇帝(在位1864年―1867年)。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフの弟。ナポレオン3世によるメキシコ干渉の際に皇帝として送りこまれたが,フランス軍の撤退後,フアレスの政府軍に捕らえられて処刑。
→関連項目ディアス

マクシミリアン

ドイツの政治家。バーデン大公国世嗣公子で,マックス・フォン・バーデンMax von Badenと呼ばれた。自由主義者・平和主義者として名声があり,第1次大戦末期の1918年10月に宰相となり,無条件降伏を実現,民主化政策の推進による帝政維持を図ったが,ドイツ革命により11月辞職。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マクシミリアン【Ferdinand Maximilian Joseph】

1832‐67
メキシコ皇帝。在位1864‐67年。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟。ナポレオン3世のメキシコ干渉戦争に際し,こわれて皇帝となる。南北戦争後アメリカの抗議でフランス遠征軍の撤退を迫られると,1866年ナポレオンは受諾するが,皇帝マクシミリアンは残留し,革命派に捕らえられて処刑される。開明的君主を心がけていただけに,このハプスブルク家の悲劇はヨーロッパ知識人の間で同情を買った。【進藤 牧郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マクシミリアン【Maximilian】

(一世)(1459~1519) 神聖ローマ皇帝(在位1493~1519)。外征の失敗によりスイス独立を承認、ミラノを割譲するが、婚姻政策によりスペイン・ハンガリーなどの支配権を獲得、ハプスブルク家の繁栄を図った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクシミリアン
まくしみりあん
Ferdinando Maximilian
(1832―1867)

メキシコ「皇帝」(在位1864~67)。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の弟で、メキシコを占領したフランスのナポレオン3世とメキシコ保守派に推され、1864年メキシコ「皇帝」に就任した。保守派の反対をおして自由主義的政策を実施するなどメキシコ人の懐柔に努めたが、民衆の支持を得ることができず、67年自由派のフアレス軍に敗れて捕虜となり処刑された。[野田 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

マクシミリアン

生年月日:1867年7月10日
ドイツの政治家
1929年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内のマクシミリアンの言及

【フアレス】より

…M.ミラモンが自由主義派の勢力に敗れると彼は大統領に就任(1861)したが,国会が2ヵ年の対外負債凍結を宣言するに至り,イギリス,フランス,スペイン3国軍隊がベラクルスに上陸し,フアレス打倒に加勢した。フランスがマクシミリアン大公をメキシコ皇帝として擁立(1864‐67)すると,臨時政府はパソ・デル・ノルテに移った。サラゴサIgnacio Zaragozaがフランス軍を破り君主政が壊滅すると,67年に大統領に再選され,共和政の勝利を確立する。…

【メキシコ】より

…61年内戦を終結させた自由主義派政府は財政窮乏から外債利子支払停止を宣言したため,フランスの武力干渉を招いた。フランスはオーストリア大公マクシミリアンを送ってメキシコを支配し,第2次帝政時代(1864‐67)を出現させた。自由主義派勢力はフアレス大統領の指揮下で戦い,67年にフランス軍を破った(メキシコ干渉)。…

【メキシコ干渉】より

…フランス軍は,63年5月プエブラでの激しい抵抗運動を制圧し,6月にはメキシコを占領した。メキシコの貴族グループは,ナポレオン3世の指示に従ってオーストリアの大公マクシミリアンFerdinand‐Joseph Maximilian(1832‐67)を皇帝にすえた。しかし,マクシミリアンはメキシコの自由主義者と民衆の支持を得ることはできず,またバゼーヌFrançois‐Achille Bazaine(1811‐88)の率いるフランス軍は,対仏抵抗ゲリラとアメリカ合衆国の圧力によって67年3月撤退した。…

※「マクシミリアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マクシミリアンの関連キーワードベルトルト・フォン・ヘンネベルクアグリッパ[ネッテスハイムの]マクシミリアン1世ヨーゼフフランツ・ヨーゼフ[1世]ウィーン国立美術史美術館聖バルトロメウス大聖堂ホーエンシュバンガウ城ニュールンベルグ裁判ディープ・インパクトフリードリヒ[3世]マリア[ブルグント]ナポレオン[3世]ヘルベルシュタインマクシミリアン甲冑オデッサ・ファイルフランチェスコ2世ルートウィヒ1世シュワーベン戦争フランシュコンテボティーフ教会

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マクシミリアンの関連情報