甲府(読み)コウフ

デジタル大辞泉の解説

こうふ〔カフフ〕【甲府】

山梨県中央部の市。県庁所在地戦国時代武田信玄城下町として発達、また甲州街道最大の宿場町として栄え、のち江戸幕府の直轄領となった。昭和初期までは養蚕製糸で知られた。ワイン・水晶細工などを産する。平成18年(2006)3月、中道町・上九一色(かみくいしき)村北部を編入。人口19.9万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうふ【甲府】

山梨県甲府盆地北部にある市。県庁所在地。戦国時代、武田氏の根拠地。江戸時代は一時柳沢氏が領したがのち天領。水晶・瑪瑙めのうの研磨工業、ワイン醸造などの産業が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲府の関連情報