甲府(読み)コウフ

デジタル大辞泉の解説

こうふ〔カフフ〕【甲府】

山梨県中央部の市。県庁所在地戦国時代武田信玄城下町として発達、また甲州街道最大の宿場町として栄え、のち江戸幕府の直轄領となった。昭和初期までは養蚕製糸で知られた。ワイン・水晶細工などを産する。平成18年(2006)3月、中道町・上九一色(かみくいしき)村北部を編入。人口19.9万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうふ【甲府】

山梨県甲府盆地北部にある市。県庁所在地。戦国時代、武田氏の根拠地。江戸時代は一時柳沢氏が領したがのち天領。水晶・瑪瑙めのうの研磨工業、ワイン醸造などの産業が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうふ カフフ【甲府】

(古代、甲斐国の国府が置かれたところから) 山梨県中央部の地名。県庁所在地。甲府盆地に位置し、戦国時代には武田氏三代の居城があり、江戸時代には浅野・柳沢氏の城下町。のち幕府の直轄領。甲州街道最大の宿場町、市場町として繁栄した。現在は中央本線が通じ、身延線が分かれる。伝統的な水晶工芸から発展した貴金属工業、ワイン製造などが行なわれる。明治二二年(一八八九)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲府の関連情報